入院生活を乗り切るために

家族を大切に想っているため、家族が入院することになっても大切に接するべきだと思っている方が沢山おられることでしょう。

家族への愛があるからこそ、時間を忘れる程に付き添うことが珍しくないと察せられます。家族との接してきた時間が長いため、家族に対して様々な想いを抱いているのが容易に窺えるのです。

これから入院生活を送ることになった患者は、暇な時間をどうやって潰そうかと思案していることでしょう。どうせなら楽しいことをして時間を過ごすことを考えていて、お気に入りの雑誌やゲーム機を家族に持ってきてもらうように頼みます。それらが病気に立ち向かっていく上での景気付けになると思っていても不思議ではないのです。

それらが患者の気持ちを鼓舞していき、ポジティブな心持ちにさせていきます。入院生活を充実させるためのアイテムを必需品だと位置付けていて、必需品から生きる希望を貰えることを期待しているのです。後日、家族から希望に沿うアイテムを受け取ったときに、絵に描いたような入院生活が展開されることに現実味を帯びていきます。心が太陽のように明るくなっていき、病気に打ち勝てそうなくらいの力を得た気分になるのです。ともすれば普段の日常よりも有意義な日常になっていくことを見越しています。

いつの日か退院できることを信じて、日々の入院生活を過ごすのです。日の当たる場所に戻ろうとする強い意志を携えて、病気に負けないように精一杯生き抜いていきます。

Leave a Reply